創作メモ

設定

STORY内に、恐怖ものだけでなくファンタジーも加えようと思いながら、作成は一向に進まずです。
未だに公開の形式も決めかねてますし・・・
少しはまとめておきたいので、ブログに設定を書いてみようかと思います。

<物語の背景>
ファンタジーではありますが、いわゆる「魔法使い」というものは存在しません。
「魔法」「魔術」の類を行使できる者は、ごくごく稀です。
その中で唯一ソレに近いものとして「召喚士」が存在しています。
しかし彼らが用いるのは、当然ながら「召喚術」です。「力」を有するものを召喚することによって、その力を貸してもらいます。
魔法を使用するには、それに適したモノ(精霊、魔物などなど)を召喚して命ずる、という形になります。ある時は「力」のみを召喚して、それを武器に形成するような使用方法もあります。
(この場合の武器は攻撃・防御一体型であることが多いです)
要するに魔法に近いものを使えるのは大概の場合召喚士である、という世界のお話になります。

主人公も「召喚士」ではありますが、その中でも特殊な能力を持っています。
その特殊能力のおかげで、主人公だけは通常時に魔法を行使できたりします。(ただしある条件を満たさなければなりませんが)

| | コメント (2)
|